合宿免許は、最短で免許を取るのに14日かかります。

そのため、まとまった休みが取れる時は合宿免許のピークになります。

つまり、夏休み・冬休み・春休みなどが、該当します。
この時期は、どこの合宿免許も繁忙期ですから予約を忘れていたのでは大変です。

うっかり、予約を取るのを忘れたあなた、合宿免許受付センターですぐに空き状況を確認して予約を入れましょう。

 

 

合宿免許の空き状況は合宿免許 受付センターで確認してみましょう!!

 

合宿先は、いろいろありますが、一番空き状況を探しやすいのが合宿免許受付センターです。

 

 

合宿免許 受付センターは直近で入校できる合宿先がサイトのトップに表示されています。
ココなら確実に今からでも入校できます。

 

 

 

 

 

サイトのトップに、すぐに入校できる合宿先を掲載されていますので、予約を忘れていてもすぐに入校できる合宿先を見ることができます。

 

 

 

サイトの前面におすすめのキャンペーンが表示されていて、お得な情報が説明されています。

 

特徴なのが、西日本出発と東日本出発に分類されていて、合宿先を探すのがとても容易です。

 

 

 

合宿免許受付センター以外に人気の合宿先は?

 

2つ紹介します。

  1. 合宿免許 LIVE
  2. 合宿免許 ドリーム

です。

 

免許合宿 LIVE(ライブ)

 

 

 

業界初の試みも多くって、いろいろな情報がとっても探しやすいサイトです。

 

人気の教習所ランキングや教習に使用されている車やおすすめのプランがすぐにわかります。

 

 

サイトの使い勝手の良さや、いろいろなことをフリーダイヤルで相談に乗ってくれることなど安心した合宿に臨むことができます。

 

どんな人たちが合宿に申し込んだかがわかるのが最大の特徴です。
性別や職業・この合宿先を選んだ理由や入校日などが分かります。

 

 

こんなことまでわかるのは合宿免許LIVEの特徴です。

 

 

 

合宿免許 ドリーム

 

 

合宿免許DREAMの特徴は、特殊車両の合宿先が多いことです。

 

また、電子コミックで合宿免許をイメージしやすくしているのがとってもいいです。

 

ドリームなら、

  • すべて込みの値段だから、格安で免許が取得できます。
  • 短期で免許取得できる
  • 教習保証付きだから規定時間オーバーしてもOK!
  • 旅行感覚で免許も取れる
  • 最低価格保証

 

です。

 

最低価格保証については条件がありますので、確認して下さいね。

 

 

 

 

空きが確認できたらすぐに予約を入れましょう!!

空きが確認できたらすぐに予約を入れましょう。

 

次は取れない可能性があります。

 

それと、今とっておかないと今後のスケジュールにも影響がでませんか?

 

 

 

☆就職試験では免許を持っていて当たり前です。

 

合宿免許の魅力のひとつはなんといってもスピード卒業!

 

でも都道府県の違いや自動車学校によって卒業日数に違いがあるのをご存知ですか?

 

 

 

14日で免許が取れるって本当ですか?

自動車学校なら、取得するのに、普通3か月ほどかかる普通車運転免許ですが
合宿免許だと、14日で取得できるのって本当なのでしょうか?

 

 

合宿免許と通学免許ってどんな違いがあるの?

 

MT車の場合 (普通自動う車運転免許)

  学科教習 技能教習
第一段階 10時限 15時限以上
第二段階 16時限 19時限以上
合計 26時限 34時限

 

最短で60時限かかります。

 

AT車限定免許の場合

  学科教習 技能教習
第一段階 10時限 12時限
第二段階 16時限 29時限
合計 26時限 31時限

 

最短で57時限

 

合宿免許で免許を取得する場合は、最短で免許を取得できるようにカリキュラムが組まれています。
AT車は最短14日、MT車でも16日で免許が取得できます。

 

通学免許の教習時間は?

 

教習時間は全く同じです。

 

教習時間は同じなのに、通学免許はなぜ時間ががかかるのでしょうか?
それは、まとめて次の技能教習の予約が入れられないからです。

 

通学の場合は、技能教習が終わって、次の技能教習の予約を入れます。

 

この時に空いていれば予約を入れられますが、空きがない時は空きがある日時を選ばないといけません。

 

また、通学免許には必ず追加の教習が必要となります。
教官が必要と判断すると、追加の教習を受けなければ次の段階へ進むことができません。

 

このようになかなか自分の都合で教習の予約を入れることができないので時間ばかりがかかることになります。
また、次の教習まで時間が空くと、習ったことを忘れてしまいます。

 

このようになると、最低でも3か月はかかるようになります。
時間と費用ばかりが掛かってしまうというようになってしまうのです。

 

 

通学の場合は、学科を受けた日から9か月以内にすべての教習を終わらせる必要があります。

 

 

第一段階が終わると

 

仮免許を取るために検定試験を受けることになります。

 

学科と実技がありますが、学科試験は勉強すればほとんどの人が合格します。

 

ところが実技となると、難しくってなかなか合格できません。
私は自動車教習所で運転を練習して試験場で免許を取得しました。

 

学科試験は一発合格したのですが、実技試験になかなか合格できませんでした。
その日の朝に実技試験のソースの発表があり、自動車試験場のコースを歩きながら覚えていったのを
今でも鮮明に思い出します。

 

19歳のころだからできたのでしょう。
仮免は5回目か6回目でやっと合格できました。

 

この仮免許に合格すればあとの実技検定は、卒業検定の路上検定のみです。

 

 

仮免許を取得出来たら

 

第二段階に入ります。

 

路上運転の練習が始まります。
教官を助手席の載せての実技教習です。

 

交差点での運転の方法や右折左折の練習をします。

 

 

路上検定は前方に進むだけですから、運転免許証を取得できるのももうすぐです。
しかし。卒業検定は学科試験もありますから学科の勉強も忘れないようにしましょう。

 

 

合宿免許教習所を卒業したら

 

一年以内に、自動車試験場・運転免許センターで学科試験を受けて合格すると、運転免許を取得できます。

 

 

このように運転免許を取得するなら絶対に合宿免許がお得です。
就職してからは休みが取れにくいので、10代のうちの取得しておきましょう。

 

覚えも早いので、格安で運転免許が取得できます。